こんにちは。今日は、いつも質屋が肌身離さずもっている『ルーペ』についてご紹介させて頂きます。

質屋だけでなく、宝石を扱う人には必ず必要なルーペ。一般的に宝石鑑定の際に使うルーペの倍率は大抵10倍です宝石だけでなく、時計や財布などに使用する事もあります。

また、微妙な色目を識別する為『精密無収差色収差補正』という特別なレンズのルーペが好ましいです。(一般の方が使用する際は、ここまでの品質は必要ないかと思います)

ルーペだけで宝石を鑑定するわけではありませんが、まず初めにルーペで宝石の色目・傷・欠け・カット・インクルージョン(内包物)などをチェックします。

ひとえにルーペと言っても、それぞれ自分に合う、好みのブランドがあり、店長は『ボシュロム』のルーペを愛用しています。

様々なルーペを試した結果、今の物に至ったそうです。※上の写真のルーペではありません。

今後質屋にご来店の際は、ルーペにもご注目下さい^_^