質問:電化製品を売る際、保証印の有無で査定額は変わりますか?

答え:はい、変わります。保証印が押されていると10〜15%程減額となります。(場合によって中古価格と同じになる場合もあります)

《保証印とは》

保証印とは、購入日や購入店舗が記載されたハンコやシールの事を言います。

スタンプの場合お店側が押印しますが、シールの場合は購入者自身が貼る事が多いと思います。

保証印欄は、保証書として単体の場合や、外箱についている場合もありますが、

いずれにしても保証印がないと故障した際にメーカー保証を受ける事が出来ません。

《なぜ保証印があると買取額が下がるのか?》

保証印が有る場合、購入した日付から保証がすでに始まっている事になり、『保証期間が短い』ため減額となってしまいます。

もちろん保証期間が経過すればするほど価格は下がりますので、

万が一スタンプを押されてしまった場合はお早目の売却をお勧め致します。

シールタイプの場合は貼らないようお気をつけ下さい。

 

《名古屋 質屋 買取》かね丈質店(かねじょうしちてん)Pawnshop Nagoya Kanejyo

〒457-0039

愛知県名古屋市南区西桜町57-1

電話:052-811-3475

営業時間:9:30〜19:00

定休日:毎月7,16,17,27日