img_9363

こんにちは。スタッフのMです♪

タイトル通り、本日12/21は冬至ですね。

恥ずかしながら、「冬至」についての知識は、一年で日照時間が最も短い日で、カボチャを食べて柚子湯に入るという程度、、、これを機会に勉強してみる事にしました。

諸説あると思いますが。。。

「冬至」とは、冬至の日に太陽の昇る高さが一年で最も低くなる為、必然的に日没も早くなる。古代中国では、冬至の日が一年の始まりとされていたそうです。

冬至にカボチャを食べる由来は、この日に一年で最も太陽の力が弱くなり、以降再び太陽が強くなることから「一陽来復」と言い、この日を境に運河上向くとされていました。さらに運が良くなるように「ん」が付くものを食べる風習が生まれました。カボチャを漢字で書くと「南瓜」。すなわち「なんきん」と「ん」が2つも付くためカボチャが食べられるようになったそうです。

最後に柚子湯に入る由来ですが、運を呼び込む前に柚子が強く香る湯に入る事によって、体を清める(邪気を払う)という意味があったそうです。また、融通が利く湯治=柚子が効く冬至といったごろ遊びの要素もあるようです。

なるほど!!!すべてにしっかりとした理由があったのですね!!!

昔は冬至が1年の始まりという、めでたい日だったという事に驚きました。

冬至の意味を以前よりもしっかりと理解出来たことで、今晩カボチャを食べる際や柚子風呂に入る際の気構えが変わりました(*^^*)

今晩はカボチャを食べ、柚子湯に浸かり、たくさんの運を味方につけて、より一層仕事に励みたいと思います!!!!!

 

《名古屋の質屋・買取り》かね丈質店

〒457-0039 愛知県名古屋市南区西桜町57-1

フリーダイヤル 0120-373-078

TEL.(052)811-3475

URL:https://shichiya.nagoya/

email:info@kanejyo.jp

定休日:毎月7/16/17/27

営業時間:9:30~19:00

※当店は、名古屋市内(南区・港区・緑区・天白区・昭和区・瑞穂区・名東区・東区・千種区等)、長野県、岐阜県、三重県桑名・四日市方面、静岡県、知多半田・岡崎知立方面、豊明市、東海市、豊田市、豊橋市、愛知郡東郷町、などからご来店いただいております。

※かね丈質店での取り扱い品目をご紹介いたします。

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、パールをはじめとする宝石、金・プラチナなどの貴金属類(リング、ネックレス、ブレスエット、イヤリング、ピアス、ペンダント、チョーカー、バックル、コイン、金貨など)、ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランド品(バック・財布等の小物・ジュエリー・衣類など)、ロレックス、カルティエ、オメガ、セイコーなどの時計、デジタル家電(パソコン・デジカメなど)、金券、絵画・骨董等美術品、ギターなどの楽器類、着物などです。
上記以外にも取り扱いはございます。お気軽にお問い合せください。

※『お買取』『質預かり』をご来店の後にご選択出来る事が、質屋の最大のメリットです。是非、一度、ご活用くださいませ!